あい香

クリーミィーでもっちりした泡が、素肌を優しくいたわりながら、毛穴とお肌の汚れをしっかり落とします。

西尾の抹茶について

西尾の抹茶とは…
西尾の抹茶(正確に は「てん茶」と呼ぶ抹茶の粉に挽く前の原材料)は、全国生産量の約 28%を占めます。 矢作川左岸一帯の小高い丘陵地にある稲荷山茶園を中心に茶畑がひろがり、周辺には抹茶生産のルーツとなったお寺や、製造見学や試飲のできるお茶屋さんがご ざいます。
西尾抹茶ヒストリー
今から730余年 前、実相寺に茶種がまかれたのをふりだしに、明治に入ってからは本格 的に栽培されるようになった西尾茶。大正後期には抹茶の生産が主とな り、現在に至っています。今も紅樹院には、西尾茶の原樹が大切に残さ れ、そのルーツを静かに物語っています。
「西尾の抹茶」が地域ブランドに・・・
西尾市と周辺地域の 特産である「西尾の抹茶」が、特許庁の地域ブランド(地域団体商標登 録制度)に認定されました。茶の分野で抹茶に限定した地域ブランドと しては全国で初めてです。
 抹茶生産で全国有数の産地・西尾市周辺で栽培された茶葉を、他生産 地より付加価値を高めるのが目的です。地域ブランド取得に向けては、 2005年4月から生産者でつくる西尾市茶業組合が検討を開始しまし た。07年4月に設立された西尾茶協同組合が中心に手続きを進め、 08年7月末に特許庁に申請しました。
 認定を受けた「西尾の抹茶」は「愛知県西尾市・安城市・旧幡豆郡吉 良町で生産された茶葉を同地域においててん茶加工・仕上げ精製し、茶 臼挽(ひ)きした抹茶」です。飲用から加工までのすべてが対象になり ます。
ブランドマークは、抹茶をイメージする抹茶茶わんと茶せんをデザイン しており、抹茶色を使用しています。「茶道」をつなげ、「西尾の抹 茶」を永久的に広げつなげていくという願いが込められています。

成分について

タナクラクレイ
皮膚表面の垢や汚れ などの不純物を吸着します。また肌をしっとりなめらかにする美肌作 用、含有成分の働きによる消炎作用などがあります。
チャ葉エキス
カテキン、カフェイ ン、キサンチン、セオフィリン、アルギニン、テアニン、タンニン、ゲ ラニオール、美白効果が期待されるビタミンCや、カロチンなどを含ん でいます。酸化防止作用や紫外線吸収作用があり最近ではフリーラジカ ル消去能がある事で、エイジングケアをコンセプトとした化粧品に多く 使用されています。期待される作用として、抗酸化作用、コラーゲン保 護作用、収れん作用、消臭作用、メラニン生成抑制などがあります。
オウゴンエキス
抗炎症作用やチロシ ナーゼ阻害作用があります。オウゴンエキスに含まれるフラボノイドに は、フリーラジカル消去作用があることが知られています。
ヒアルロン酸Na
ヒアルロン酸は、皮 膚によく吸収されて角質層の水分量を高める効果があります。また保水 性や浸透性にすぐれ、皮膚にハリを与え、なめらかにする効果もありま す。
アロエベラ葉エキス
皮膚の損傷の治療効 果が期待され保湿効果のほか、消炎効果もあります。紫外線吸収効果も あるため、日焼け止めや、日焼け後のお肌のケアにも効果が期待できま す。
クインスシードエキス
クインスシードは、 ヨーロッパおよびアジア南部に栽培されるマルメロの木の種子です。皮 膚への保水作用や、収れん作用などがあります。            
グリチルリチン酸2K(甘草<カンゾウ>由来)
抗炎症作用、抗アレ ルギー作用などが認められています。皮膚炎に対して著しい効果を持つ といわれます。
ローヤルゼリーエキス
ローヤルゼリーには 細胞を賦活し、皮膚組織の新陳代謝を促進し、シミ・小ジワを防ぐ作用 があり、さらに皮膚の保湿性を高めます。
クマザサ葉エキス
多糖体、クロロフィ ル、ビタミンB、有機酸、β-アミリン、ミネラル、アミノ酸などを含 有しており、免疫賦活作用、抗炎症作用、細胞賦活作用、抗菌作用、消 臭作用があります。
ハトムギエキス
ヨクイニンともよば れ漢方薬としても利用されています。皮膚再生作用、保湿作用、消炎作 用があり肌荒れ防止などの効果が期待されます。
ユキノシタエキス
抗菌作用、消炎作用 があります。紫外線障害の修復でDNA修復活性を高めて細胞の突然変 異を防ぐ作用が見出されています。