よくある質問

「みりん風調味料」と「本みりん」は何が違うのですか?

原料や製法が違いますので、料理に使った場合の調理効果も異なってきます。
「みりん風調味料」は、アルコール成分1%未満の製品で、穀物由来の水あめなどの糖化液を加え、グルタミン酸・アミノ酸などの旨味成分を添加生成したものです。 酒税法の酒類には入りません。
もち米、米麹を焼酎に仕込んで、じっくり熟成して醸造された本みりんと比べると、料理効果は単調なものになります。
「みりん風調味料」と似た調味料として、「発酵調味料」があります。 こちらは、米等を米麹と酵母で発酵させた後に、穀物由来の水あめなどの糖化液を加え、造られます。 アルコールが含まれていますが、塩などを入れて「不可飲処置」しているので、「みりん風」同様、酒税法の酒類に入りません。 「みりんタイプ」とよばれたりします。
また「本みりん」は酒税法の酒類に入るため販売免許のある店しか売ることができません。 近年は酒税法の規制緩和もあってスーパーやコンビニをはじめドラッグストアなどでも販売免許を取得し売っています。
アルコール度数や塩分などラベルを見て区別して下さい。
酒類の表記もされています。
「本みりん」でもアルコール度数が異なる商品も発売されています。
アルコール度数が異なれば酒税額もかわりますので販売価格もかわってきます。
名称が類似していてわかりにくいですが「本みりん」のみ「本」がつきます。
他の商品は「本」がつかず「みりん○○○」となります。

「料理酒」でもいろいろあると聞いたことがあるのですが?

おそらく「清酒タイプ」・「加塩料理酒タイプ」・「合成清酒タイプ」をさされていると思われます。
「清酒タイプ」は文字通り、日本酒に近いもので製品により旨味成分などを強化されているものもあります。「清酒」ですので酒類となり酒税がかかります。
「加塩料理酒タイプ」は酒税が適応されないように、「不可飲処置」として塩分が添加されております。このため酒類とはならず酒税もかかりません。
「合成清酒タイプ」は色々ありますが、簡単に言ってしまうと清酒と焼酎の混合製品と考えていただいて良いと思われます。「合成清酒」ですので酒類となり酒税がかかります。
今後酒税法の改正に伴い、酒税がUPし、「加塩料理酒タイプ」は家庭用の主流に「清酒タイプ」は業務用の主流になることも考えられます。

「家族にとうもろこしアレルギーの者がいるのですが、 醸造アルコール、糖類はとうもろこしで作られている物もある」と聞きました。 味の司本みりんを使っていますが、味の司本みりんの醸造アルコール、糖類もとうもろこしで出来ているのでしょうか?

弊社の本みりん類は全てアレルゲン特定原材料表示24品目を使用してはおりません。
ですが、とうもろこしは24品目には含まれてはおりませんので、社内で調査しましたところ、遺憾ながら、糖類の一部に使用が確認されました。 そこで、とうもろこし由来の物を除外した製品ということになると、弊社の相生桜(原材料:もち米・米こうじ・焼酎)には、使用されてはおりません。 (弊社使用の醸造用アルコールはさとうきび由来です)
これからも色々と勉強になりますのでささいな事でも結構ですのでお問い合わせ下さい。

「ホ ワイトリカー」を購入して果実酒を作ろうと しています。いろいろ見ていると「ぶどう」 を使って果実酒を作ってはいけないようなこ とが書いてありました。どうしてでしょう か?身体に害や悪影響があるのでしょうか?

身体に害や悪影響はありません。
簡単にいえば法律に違反するためです。
お酒(酒類)は「酒税法」という法律でいろいろと決められています。 作る(製造)・売る(販売)行為もすべて免許制度となっています。 分類や酒税なども定められています。
「ホワイトリカー」と「ぶどう」を使って果実酒を作ると「ワイン」に類似した果実酒となります。ここが問題となります。
例えば本みりん・清酒・ワインなどお酒(酒類)を自分で作ろうという場合、製造免許がないと違法となります。 同様にお酒(酒類)を購入して別の人に売る(販売する)場合(利益を出す出さないにかかわらず)、販売免許がないと違法です。 また製造や販売に関して細かく記帳し国の機関に届け出る義務もあります。 酒税を納税する義務も発生します。
余談になりますが酒税法ではラベルに表記する内容・文字の大きさなどいろいろと決められています。
またアルコール度数が高くなると「消防法」にも関係してくる場合もあります。
そして「危険物取扱者免状」の資格が必要になることもあります。

個人的に商品を購入したいのですが地元や近所では見かけません。 貴社に行けば買えますか?あるいは直接購入できないでしょうか? またネットなどの通販はしていませんか?

当社で購入することは可能です。 ただし来社されてその場で商品をご用意できません。 当社では生産した商品をすべて物流センターに移動して保管するため用意するのに日数がかかります。
価格に関しても希望小売価格での販売となってしまいます。 直接購入した方が安くなるように思われていますが実はその逆で安くありません。
当社より直接購入することもできます。 この場合商品代金の他に振込手数料・送料・代金引換手数料なども負担して頂くことになります。 先に代金を振り込んで頂き確認後の発送もしくは代金引換となります。 送料は着払いも可能です。商品はヤマトの宅急便でお届けします。
ネットなどの通販もございます。
相生ユニビオ通販サイト
お近くの酒屋さんなどで取り寄せをしてもらえば若干日数はかかりますが購入できるかと思います。 酒屋さんがネットなどの通販もしていたりしますので利用しても良いでしょう。 価格も当社で購入するよりも安くなることが多いです。